ほくろとれ~る

ほくろの原因について解説します

ほくろについて

婦人

メラニン色素が関係

ほくろが出来てしまう原因となるのはメラニン色素が関係しています。このメラニン色素とは、紫外線を浴びた時に肌の中で作られるものです。メラニン色素が集中してできたものを「ほくろ」と呼び、メラニン色素が沈着してしまったものを「シミ」と呼びます。

ほくろの種類は3つ

ほくろには大きく分けて3つの種類が存在しています。
・単純黒子…肌の表面部分にメラニン色素が集中して発生した場合のほくろを指します。
・色素細胞母斑…メラニン色素が何層にも重なってできたタイプのほくろになります。
・老人性色素班…加齢によって現れるタイプのほくろとなります。今までに浴びてきた紫外線の影響で発生するほくろです。
これらのほくろは種類によってほくろ除去を行う治療方法も異なってきます。

生まれつきの場合もある

ほくろは生まれた時からあるというようなケースもあります。このようなタイプのほくろを、先天性色素母斑と呼びます。生後間もない間にほくろが発生したような場合も、この先天性色素母斑と分類されます。

妊娠によって発生するケース

妊娠することによってほくろが発生してしまうようなケースがあります。なぜかというと、妊娠中の女性はプロゲステロンと呼ばれるホルモンが増加するためです。このプロゲステロンにはメラニン色素の形成を促進させる働きがあります。そのため妊娠中の女性は新しくほくろができたり、ほくろが大きくなることが多いのです。

こんなこともほくろの原因

ほくろが出来てしまう大きな原因は紫外線ですが、その他の要因もあるため注意する必要があります。例えば、女性はメイクを行う方が多いと思います。このメイクを行う時に肌に強い刺激を与えてしまうことによって、メラニン色素が形成されてしまう可能性があるのです。特に肌が荒れているといったトラブルが発生しているような時にメラニン色素が出来てしまいやすいため、充分に注意しましょう。

【PR】
大阪でほくろ除去なら保険対応
1割負担なので格安で申し込める

ほくろ除去に特化したクリニックへ
綺麗なお肌を手に入れよう

目のクマの改善方法を徹底解説!
若々しい見た目をゲット☆

ほくろを作らないために

ほくろが出来てしまうと気になるものです。ほくろが出来る原因を知って、なるべく作らないように心がけると良いでしょう。すでに出来てしまったほくろに関しては、大阪の美容皮膚科などを利用してほくろ除去をすることをおススメします。

ほくろ除去の役立つ記事

女の人

ほくろ除去の治療法

ほくろ除去を行う方法は様々にあります。大阪のクリニックや美容皮膚科によってその内容が異なることもありますので、きちんと確認しておくようにしましょう。基本的な治療方法は切除法となります。比較的小さなほくろに対してはレーザー治療を用いることもあるでしょう。

READ MORE
レディ

治療後の傷跡について

ほくろ除去を行った後は正しいケアを行う必要があります。ケア方法によっては傷跡が残ってしまうことがあるからです。クリニックを選ぶ時にはアフターケアまできちんとしてくれるかを確かめておくべきでしょう。

READ MORE
広告募集中